消費者金融の返済でおさえるポイントとは?

返済はできるだけ早く!

当たり前ですが、業者は何の利益もなしにお金を貸してくれません。「30日間無利息」などの一部のキャンペーンを除いてはふつう必ず利息を取ります。貸金業法では貸付額によって15%~20%となっています。これらは実質年率で、借りてから完済するまでに時間が立てばたつほど利息は増えていきます。同じ金額を借りても返す時期によってはけっこうな差が出ます。ですから借りる時は必ず利息のことを考えて、早めに返済することを意識しましょう。1日経過したぐらいでは微々たるものでも積み重なればそれなりになります。数10万円を借りて月々の返済を数千円ずつといったペースでやればかなりの利息になるので注意が必要です。

一括返済のススメ

上記のことからすると、もし急な収入があったりボーナスなど一度に大きな額が舞い込んできたのなら、返済を一気に終えると良いでしょう。例えば元本が50万円だったとして、現時点で20万円返しているとしましょう。残りの返済額は30万円ですが、急な臨時収入があって残りの30万円を一括で払えるとしたら、本来数カ月かけて払う際につくはずだった30万円に対する利息が発生しないことになります。ですから余裕資金があるのなら早めに返すのが得策です。ただし注意点として、消費者金融業者によっては一括返済に対応していないところもあるようですので、契約前にそのことを確認するほうが良いです。また出来たとしても手数料がかかる可能性もあります。借りる前に返済のことを意識して消費者金融を選ぶ。これも申し込み時のチェックポイントのひとつです。