どっちがいいの?マイナチュレとアデノバイタル

育毛剤は、薄毛を改善するために利用する最も一般的なアイテムで、多種多様な種類の商品が提供されています。その中で、特に人気を集めているのが、アデノバイタルとマイナチュレという共に医薬部外品に指定されている育毛剤です。これらは、それぞれ独自の特徴を備えている上に、特定の脱毛症のみを対象としていないということが共通しており、幅広いタイプの薄毛に対応することが出来ます。

まず、アデノバイタルは世界的な化粧品メーカーの資生堂が提供している育毛剤で、アデノシンという独自成分を配合しています。この成分は、発毛に関与している成長因子を増殖するという作用があるので、機能が低下してしまった毛根内部の細胞組織を正常な状態に回復させるという効果を期待できます。

一方のマイナチュレは、女性用育毛剤として提供されていますが、元々はブブカやchapup、iqosと同じOME商品で、老若男女問わず利用できる育毛剤をベースとしています。こちらの主成分は北海道の海藻から抽出したもので、保湿などにより頭皮環境を正常な状態に回復させます。

なお、アデノバイタルとマイナチュレは、共に厚生労働省から育毛有効成分として承認されているものを複数配合しており、一定以上の医学的効果を期待できるという点は共通しています。ただし、それぞれの特徴には違いがあるので、どちらを選んでも同じというわけにはいきません。あえて言うと、男性の薄毛にはアデノバイタルが有効で、女性の薄毛に対してはマイナチュレが効果的です。

【マイナチュレ徹底解剖】効果ある?副作用は?薄毛事情を徹底調査!はこちら